【8/25シンポジウム】重要なお知らせ 2

最後までお読みいただけると大変嬉しいです。

現在の情勢を鑑み、多治見市は昨日『新型コロナウイルス感染症 東濃5市「緊急事態宣言」』を発表しました。

それにより、多治見市内の公共施設については休館などの対応となりました。

そうした状況により、森わらの今後の予定についていくつか変更がありますので、お知らせします。 

シンポジウムについて

8月25日にヤマカまなびパーク 学習館で予定していました

多治見の自然を活かした豊かな子育てシンポジウムは、こうした情勢に伴い、オンライン配信によるプログラムに変更としました。

会場での参加を予定くださっていた一般来場者の皆様、来賓(議員・行政職員)の皆様、森わらファミリーに関しては、オンラインでの参加をお願いすることとさせていただきます。(後日のアーカイブ視聴ももちろん可能です)

すでに担当者から、お申込いただいたPeatixからと個別での連絡をさせていただいているかと思います。ご確認よろしくお願いします。

会場にいらしていただく予定でいらした来賓の皆様への個別の連絡にお時間頂いおります。もう少々お待ちください。

なお、オンライン参加のお申込はまだまだお受けしてます!

お申込み、お待ちしております。

https://tajimi-kosodate-symp.peatix.com/

 

井手紬【自然の遊び】写真展について

こちらもまなびパークでの告知していた期間の展示については全て中止となりました。

スクール生による実行委員メンバーは、バザーをしたり、販売用ポストカードを製作するなどして、開催に向けて頑張ってきました。

現在実行委員会による話し合いを行っている最中ではありますが、まずは、8月25日午後、シンポジウム配信会場となるオリベフットサルパーク多治見内2階・森のわらべの園舎(岐阜県多治見市滝呂町17-60-1)にて展示いたします。

展示日時については増やす予定でおります。決まり次第ご案内します。

どこか「写真展示をしてもいいよ」「ここなら出来るよ」という場所、施設などご紹介いただけましたら嬉しく思います。

スクール生たちに提案させていただきます。

 

当日取材について

すでに番組の中で告知をしてくださってきたおりべネットワークさまからは、当日の取材申し入れもいただいています。ありがとうございます。

詳細が全て決定しましたら、来週月曜日以降に改めましてプレスリリースさせていただきます。

 

 

昨年の緊急時代宣言下においても、刻々と変化する情勢に、臨機応変に対応してきた森のわらべです。

日々多様性をもって変化を遂げている、目の前の子どもと自然を、常にリアルに感じながら多治見で活動をしてきました。

その時の最善が何なのか考えて、仲間と共に機動力と柔軟性をもって対応していくことを大切にしてきました。

これからの時代において、こうした予期せぬ出来事、災害、感染症、戦争など世界規模で色々な事変が起きてくることは予想されます。

そんなときにどんな風に大人が対応しているのか、こうした機会を通して、子どもたちにメッセージを贈っていける機会に感謝しています。

シンポジウム当日も含め、今後もまだまだ変更などがあるかと思います。

どうぞよろしくお願いします。

みなさまの様々な応援に支えられています。

ありがとうございます。

 

園長 浅井智子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です